統合医療としてのマッサージ

近年、統合医療に対する

期待が高まっています

 

統合医療とは近代科学の枠組みに則り

生命科学的知見に依拠する

近代西洋医学と

従来の医学とは出自の異なる

補完代替医療とを統合し

今日的な課題に応えられる医療を

提供しようという流れは

とても自然なものであるでしょう

 

鍼灸もそうですが

マッサージもエビデンスを問われ

西洋の薬、手術などと

同じ土俵の上で効果を測るには

目に見えない効果

数値で表現できない効果が大きく

困難なことが多かったのです

 

西洋医学から私たちは大きな恩恵を

受けてきました

しかし、その限界もわかってきました

 

西洋医学の元祖とされるヒポクラテスも

 

「病を治すのは医師ではなく身体である」

 

「私たちのうちにある自然治癒力こそ

真に病を治すものである」

 

といっています

 

 

マッサージはたぶん人類の起源から

仲間を癒し祈る手技

としてあったでしょう

その歴史の中で

オイルマッサージは

より高度な技術で

自然治癒力を賦活するような体系

をつくりあげました

 

一時しのぎで、痛みをとめる

疲れをごまかすのではなく

あなた自身の自然治癒力に働きかけ

ご自身で回復する力を導く

そんな素晴らしい

マッサージの技術を持った

セラピストに

会いにいらっしゃいませんか?