· 

奈良女子養生舎つきのあかり

奈良女子養生舎つきのあかりがはじまっています。

 

元々つきのあかりは

オイルマッサージのサロンとして今年始まりました。

スウェディッシュマッサージのクラシックスタイルの

正統な技術を奈良で学べる場として、スクール生を集め

そのスクールの卒業生によりサロンが運営されておりました。

 

一流ホテルスパの技術を街中で

気軽に受けていただけるようにという目的で

始めたサロンでしたが

スウェディッシュマッサージというテクニックだけでは飽き足らず

もつと根本、更に原点に回帰したいという想いがあふれてきました。

 

マンツーマンで、施術する側とされる側にわかれるのではなく

共にご縁があって同じ時代と場所に生きる仲間として

養生という概念のもと、集う場になりたい。

 

私たちはコロナで分断され、家族以外のコミュニティは機能不全に陥っています。

なんでもないおしゃべりや、私はあなたを知っている

私はあなたを信頼しているというアイコンタクトに包まれ

辛いときに一緒に悲しみ、

嬉しいときに一緒に喜んでくれるような仲間と

簡単には出会えなくなってしまいました。

 

ネットでの出会い、繋がりは今の時代だからこその関係で、

そこでできることの可能性も大きいですが、

私は身体性をともなった、リアルな場が欲しい。

 

このトランスジェンダーの時代に、女性だけが集まるということは

時代に逆行しているように思われるかもしれません。

女子校も男子校もどんどん共学になっている時代です。

でも、だからこそ昔の女子校のりで大人女性が集える場にしたい。

男性の目がないからこそ、話せることや、共有できる感情

を大切にする場にしたいと思っています。

 

養生という概念はおおきく、いくらでも広がりを見せてくれるでしょうが

まずは、従来のスウェディッシュマッサージに加えて、

按摩マッサージ指圧のエッセンスを表現できる

着衣での施術を月燈整体として、コースにいたします。

従来のリラクゼーションメニューではなく

しっかりとおからだの状態を診立てて

力の入りすぎ、こわばり過ぎ、歯の食いしばり過ぎな

現代女性のおからだを、とにかくゆるめる技術です。

横向きでの施術が中心となりますので、

首が固くてうつ伏せがお辛い方、妊婦さん

腰痛で、うつ伏せになれない方に特におすすめいたします。

 

そして、養生のための中心軸として

月燈ヨガを始めます。

ヨガインストラクターで鍼灸師のMidori先生が

奈良女子養生舎の仲間に加わってくださったからこそできたことで

私はまったくのヨガ初心者です。

ヨガ初心者どころか、あらゆるスポーツから遠ざかって20年ぐらい。

働く歩く以外のことはまったくしていません。

イベントを開く前に、Midori先生に初心者ヨガとリクエストして

マンツーマンで教えていただきましたが、

我ながら、笑うしかないお粗末さ、

体は硬い、力抜けない、呼吸が止まるの三悪でした。

日頃患者さんに施術しながら

力を抜いて~、呼吸を止めない~と

偉そうに指導しながら、自分はと言えばこんなもんなんです。

 

だからこそ、皆さんと一緒にのびやかに身体を動かし、

のびやかに呼吸ができる場をつくりたい。

私ができるのは、女性がくつろげる、笑っておしゃべりができる

安心できて守られているという実感の持てる場作りです。

来年一年は、イベント形式で仲間を募りながら、

いつか女子校の部活の部室のような

みんながいそいそと集まってきて

意味なくおしゃべりしているような場が

できればいいなと思っています。

 

それにプラスして

ならまち月燈の本来の生業である鍼灸を

Midori先生に月燈鍼灸として

少数鍼での鍼とからだの使い方アドバイスという

コース建てにして、それぞれ現代女性のお悩みに

一番アプローチしやすい方術で

皆さまのお役に立てるようになればいいな・・・と思っています。

 

月燈整体、月燈ヨガ、月燈鍼灸、はじまります。

どうぞ、私たちを皆様のお役に立てて下さい。